まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

マジシャン人物・タネ明かし

松旭斎すみえ
◆マジシャン人物タネ明かし

この記事は『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただいています。

松旭斎すみえ(しょうきょくさい すみえ、1938年(昭和13年)1月1日 - )は、神奈川県出身の奇術師。日本の奇術界を代表する女性マジシャン。夫は腹話術師の花島三郎。

【来歴】
幼少時代は不遇で12歳の時に里子に出され、その里親が奇術師の松旭斎小天菊であった。見よう見まねで奇術を覚え、その腕前は先輩弟子よりも優れていた。やがて本格的に奇術の修行をはじめ、「松旭斎すみえ」の名で松旭斎小天菊の門下生となる。20歳の時、新しいスタイルの「デュエット奇術」を発表し、奇術界の売れっ子となる。以来、積極的に芸域を広め、天性のしなやかさで人気を得る。

ポール・モーリアの「オリーブの首飾り」を手品のBGMとして使用したのは彼女が初めてであり、これ以降多くのマジシャンマジックで使うBGMの定番となった。カーラジオでたまたま聞いたこの曲が手品のクライマックスに合うと思い昭和50年頃から使い始めたという。ちなみに、この曲がマジックで使われているのは日本だけである。また従来見せるだけのマジックに軽妙なおしゃべりを交えながら披露し始めたのも彼女であり、現在の奇術のスタイルを確立したパイオニアともいえる。

日本奇術協会8代目会長を経て、現在は日本奇術協会の最高顧問を務めている。

【受賞歴】
* 昭和52年度 第6回放送演芸奇術部門賞
* 昭和56年度 文化庁芸術祭優秀賞(グループで受賞)
* 昭和59年度 第10回芸団協芸能功労者表彰
* 昭和59年度 芸術祭優秀賞

【弟子】
* 花島皆子
* 松旭斎ちどり
* 花島世津子
* 花島久美
* 花島みどり
* 花島けいこ

【著書】
* 松旭斎すみえのマジックの世界
* 初めてでもすぐできるやさしい手品・奇術入門

◆マジシャン人物タネ明かし

松旭斎天勝【しょうきょくさいてんかつ (1884-1944)】
本名、中井かつ。東京、神田生まれ。家業は神田で大きな質店を営んでいたが、父の仕事の失敗から11歳(明治二十八年)で家を出て、当時の大奇術師、松旭斎天一に弟子入りする。

子供の頃から大柄で、目鼻立ちのはっきりした美人でした。一座に入ってからも数年後、たちまち人気を博し、明治後半から、大正、昭和前期にかけ、興行界の大看板として活躍しました。当時は各地で偽物が出るほど人気があり、天勝といえば奇術の代名詞となるほどの知名度でした。江戸川乱歩の『黒蜥蜴』にも、天勝の名前が出てきます。

日本人離れした体躯を活かし、当時としては珍しかった脚などを出す衣装でダンスをしたりして、人目を引いていました。1901年頃、天一ら数名でアメリカへ興業に行っています。当時の日本では一回の公演は10種類程度の出し物でも5時間ほどかけ、長い口上や、天一の得意な漢詩の揮毫を見せたりといったのんびりしたものでした。しかしアメリカではこのようなものは受け入れてもらえず、一人の出し物は15分程度、全体でも一時間くらいにおさまるようにテンポを早くする必要がありました。このときの経験は帰国後おおいにいかされ、一層あか抜けしたものになりました。

天勝の得意な芸としては「水芸」がありました。これは舞台のあちこちから、また舞台の上にいるお囃子の人の頭や持っている扇子、刀、その他、ありとあらゆるところから天勝のかけ声にあわせて水が噴き出したり、止まったりする芸です。当時は電動のモーターもなかった時代ですから、裏では手押しのポンプを使用し、蜘蛛の巣のように張り巡らせた細い管を使って水を送りだしていました。仕掛けも大がかりになり、近年はほとんど演じられなくなりました。また、タイミングの調整などが難しい割には最近では公園の噴水などでもコンピューター制御され、音楽に合わせて水の色や高さの変わるものが日常的に見られるようになりましたので、マジックにならなくなってしまったのでしょう。そのためこの「水芸」は今ではほとんど消えてしまいました。

海外では女性のマジシャンで大成した人はあまりいませんが、日本ではこの天勝の成功のせいか、女性のマジシャンで成功した人も珍しくありません。最近海外でもよく知られるようになった女性マジシャン二代目引田天功(プリンセス天功)も、天勝の師匠である天一にまでさかのぼることができます。天一から天洋、初代引田天功、プリンセス天功とつながっています。
【トランプマン】

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。

◆マジシャン人物タネ明かし

トランプマン(男性、1968年 - )は、『なるほど!ザ・ワールド』出演などで人気を博したプロマジシャン。

別名義でオリジナル・マジックも発表している。いくつかのトランプマン・キャラクター商品が発売された本名、国籍などは非公開とされている。

メイクしたときの顔がタモリにものすごく似ていたため「トランプマンはタモリではないのか?」というウワサが流れたが、「笑っていいとも!」でタモリと共演、目の前でマジックを披露し、同一人物ではないことを証明したことがある。

その後「'92なるほど!ザ・秋の祭典スペシャル」敗者復活戦にてのギャグとして、タモリとトランプマンは「親戚」と自称していた。また、『なるほど!ザ・ワールド』内でMr.マリックとのマジック対決を幾度か行ったこともある。

基本的にしゃべらないが、ものまね王座決定戦に出演した際は出演者らとトークをした。「ぐるナイ」のスペシャル料理を決めるゲームを行ったこともある。
◆マジシャン人物タネ明かし

この記事は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただいています。

とても楽しい方ですね。マジシャンと言うより芸人といった方がぴったりだと思います。

マギー審司(まぎー しんじ、本名:三浦 審(みうら しん)、
(1973年11月11日 - )は、お笑いタレント・手品師。4人兄弟の次男。

宮城県気仙沼市出身。血液型:RH-B型。宮城県気仙沼高等学校卒。
俳優村上弘明、フリーアナウンサー生島ヒロシ、声優千葉一伸の後輩である。

・実家は気仙沼市で電器店を営む。審司ブレイク後は店頭に電気製品と共に、奇術の小道具も扱うようになった。
・小学生の時は一年中(真冬でも)半袖半ズボンで学校に通っていた。
・手品師のマギー司郎の三番弟子である。
・しゃべり方が、どことなく師匠の司郎に似ており、芸風はマギー一門を正当に継承している。
・「手品師」という職業名に拘り、「マジシャン」と自称することは稀である。本人曰く「本当はお笑い芸人になりたかった」と言う通り、お笑い芸人の一人として分類されることが多い。(オンエアバトルにも参戦したり笑いの金メダルにも出演)
・マギー一門に入門したのは「楽そうだから」という理由(弟子入り希望の際、マギー司郎宛てに手紙ではなくハガキを送ったらしい)。実際に入ってみると本当に楽だったという。
・意図的に下手糞なマジックや、誰もが知っているネタをやって笑いを取ることに特徴がある。得意なネタは、大きくなる耳。最近は小さくなる耳をやる。その後親指の小さな耳を突き出し、大木こだまの「チッチキチー」をやることも。
マギー司郎に弟子入りしてから、逆に手品の技術が落ちたと公言している。
・相棒はぬいぐるみのラッキーとその妹のアンラッキー。巧みな指使いで、あたかも本当に生きているかのように動かすことができる。2005年から玩具メーカーの増田屋と契約し、ラッキーの友達としてモーラーが新たにペットに加わった。
・小道具はいつも東急ハンズで購入。
・松浦亜弥とともに「マギマギ先生」役で、日本テレビの「ティンティンTOWN!」のプリンセス☆アヤヤのハッピーマジックコーナーに出演した。
・柔道の有段者(二段)であり、最近は正月のテレビ番組で芸能人柔道対決のような場面でも活躍。
・マジックだけでなくものまねもやる(ゆーとぴあのピース、伊東四朗などピースのものまねは明石家さんまも絶賛するほどの腕前)。
・マギー一門の所属事務所はオフィス樹木だが、審司は一人で舞台などを任せられるためマセキ芸能社に所属している。
ふじいあきらとはネタを交換しあう程仲が良く、たまに共演もする。
・奇術道具の一部を東急ハンズより調達しているらしい。その道具の中で、紙幣を発生させる道具もある。
その紙幣を発行したのは通貨偽造に当たるとしてめちゃ×2イケてるッ!の番組内でフジテレビ警察に逮捕されている。(その後護送中に護送車の鍵を入手するも鍵を大きくしてしまい、脱出不可になった)
・2006年8月25日にモデルの吉田有希(よしだ ゆき)と結婚。一部スポーツ誌で字が同じであるアイドルの吉田有希(よしだ ゆうき)と間違って報道された(アッコにおまかせ!より)
・2005年6月頃、交際が発覚。取材にも「付き合っています」と堂々と答え、更にはお互いのblogでは同じ日付に同じ場所で遊んでいる等共通点も多く、特に交際を隠してはいなかった。
・2006年9月2日、テレビ朝日系放送の「アメトークお笑い祭り1クールのレギュラーより1回の伝説SP!!」にて、本人曰く「19歳の頃はアメリカで寿司屋をやっていた」とのこと。その寿司修行中にTIMというマジシャンからマジックを習ったと言い、ショーの最後では「ちゃんとした」マジックを披露する。(ただ、英語が出来なかった事で、コミュニケーションが困難だったらしく、それが3か月トピック英会話の出演理由と思われる)

マジック手品タネ明かし【Mr.マリック

◆人物タネ明かし

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

Mr.マリック(ミスター・マリック、1948年12月29日生まれ)プロマジシャン。「超魔術師」と名乗る。本名は松尾昭(まつお あきら)、岐阜県生まれ、岐阜県立岐阜工業高等学校卒業。マリックプロモーション所属。

松尾幻燈斎(まつおげんとうさい)、栗間太澄(くりまたすみ)という別名を持つ。「くりまたすみ」は、「みすたまりく」を逆さにしたもの。「マリック」という名前は「マジック」と「トリック」を合わせた造語である。

登場時やマジック披露後には専用BGMが流れる。流す曲はアート・オブ・ノイズ (The Art of Noise) の「レッグズ (Legs)」である。

クロースアップ・マジックで人気のあるふじいあきらはマリックの弟子であり、師匠と共にアシスタントとして出演している番組映像も残っている。2001年までアシスタントとして雇われていたが、周囲に漏らしていた愚痴が師匠に伝わる事を恐れ、逃げ出してしまった。その後、テレビ番組で師匠との競演を果たし、和解した。

マジック手品タネ明かし【マーカ・テンドー

◆人物タネ明かし

マーカ・テンドー:名古屋出身。Mr.マリックの弟子として五反田の奇術専門店で勤務していた。185cmの長身と10本の指先で世界を渡り歩いてきた彼のステージには、まさに一級品の輝きがある。カードマニピュレーション1級品!1985年のFISMスペイン大会ではマニュピレーション部門2位に輝いており、その他にも多数のコンテストで受賞を重ねている。

185cmの長身と甘いマスクで、ステージではダイナミックで力強いパフォーマンスを見せます。そして眼前10cmの距離ではあまりにも美しく繊細な奇跡を起こす驚異の指先がありとあらゆる形でのエンターテイメントをお届けします。

世界中のファンに愛され、熱烈に求められる彼の演技はまさに
「ULTIMATE MANIPULATOR(究極のテクニシャン)」


マジック手品タネ明かし【北見マキ

◆人物タネ明かし

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

北見マキ(きたみ まき、本名:吉田省丘(よしだ しょうく)1940年12月15日 - )は、北海道出身のプロマジシャン。社団法人日本奇術協会の現会長。

1965年に北海マキの名でのプロデビュー以来、奇術界で活躍。1983年北見マキへ改名。 日本の伝統や演劇の要素を取り入れたステージ演技は評価が高く、海外でのゲスト出演も多い。 放送演芸大賞部門賞や文化庁芸術祭賞、ベストマジシャン最優秀賞などを受賞。 日本伝統奇術・手妻の家元「養老派」を継承している。

インターナショナル・マジシャンと呼ばれるにふさわしいエンターテイナーで、彼のステージは「真実のミステリー」と賞賛され、日本のみならず海外でも彼の名は知られている。
マジック手品タネ明かし【北見伸

◆マジシャン人物タネ明かし

北見伸(きたみ しん、昭和37年生まれ)は熊本県生まれのプロマジシャン。大阪で貧苦の中で育ち、17歳で上京、北見マキに師事。6年間の内弟子、通い弟子生活を経て独立。

当初はマニュプレーションを得意としていたが、昭和61年、ロスのロングビーチ国際マジック大会で4位入賞した事などから、日本では珍しかったイリュージョン主体のマジックを始めるようになる。毎年最新イリュージョンに挑戦し発表している。最近ではマジックプロディースやマジックミュージカルの演出なども手がけている。

平成18年、「息子たちよ!」出版。長男と次男は史上最年少イリュージョニストとしてギネス掲載された山上兄弟
マジック手品タネ明かし【SHO

◆マジシャン人物タネ明かし

SHO(本名:小林 俊晶、1977年2月1日生まれ)プロマジシャン。兵庫県生まれ。身長:180cm、星座:みずがめ座、血液型:A型、趣味:映画鑑賞、ダーツ 

どんなマジックも器用にこなすが、特にクローズアップマジックは必見です。目の前で起こる奇跡に感動し、笑い、そして不思議な世界へとご案内します。二枚目と思いきや、三枚目の顔も見せるかつてないマジシャン。
マジックをしながら絶妙(微妙?)なトークには思わず笑いを誘います。
そんな指先に要チェックです。

芸歴 
 高校在学中の頃から、関西では高校生マジシャンとして数多くのTVに出演。その後、ジャニーズJr.ドームツアーや、銀座セフォラのオープニング等、マジシャンとしてプロデュースに参加。その他、多数のマジックイベントに出演*プロデュースをてがける。

 海外にもその才能を生かし、フィリピンのセブ島ではマジックショーの合間に、ボランテイアでフィリピンの刑務者や養護施設、孤児院等を訪問し感動を与える。またラスベガスで開かれたオートショーでのイベントパーティにゲストマジシャンとしても招かれ好評を得た。

 約一年間ほどZAQの出前講座で関西の幼稚園を回り子供たちやお母さん達にもマジックを披露した。インテックス大阪で行われた2006年情報印刷産業展でもマジックショーを公演。

マジック手品タネ明かし【山上兄弟

◆マジシャン人物タネ明かし

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

山上兄弟(やまがみきょうだい)は、兄・佳之介と弟・暁之進によるギネス・ワールド・レコーズ認定の世界最年少イリュージョニスト。父親はテーブルマジックの名手、北見伸。

所属プロダクションは、有限会社ショータイムスタジオ・ウイッチステーション(東京都江戸川区)である。「イリュージョニスト」と称するが、その営業内容はクロースアップ・マジック、中規模なサロンマジックから子供用に特化した道具を使ういわば特殊イリュージョンを網羅し、さらに子供や初心者を対象としたマジックのレクチャーなど広範に及ぶ。

演出上の特色は、振り付けや手話を交えた演唱やタップダンス、元気な返事とシンメトリーなポーズを組み合わせ、また子猫の形態を模して男の子らしい愛らしさを強調したキメの文句、さらに大仕掛けのものとしては子供向けのミュージカルプレイにそれらを織り込んだステージなど、小学生の男の子であるメリットを最大限に生かしたものとなっている。

ステージのテイストはややコミカルで、そこには子供の手の小ささや技術のつたなさを客に笑って見てもらうという目論みもある一方、子供の観客に対しては媚びを見せず、あくまでも大人向けのステージ設定にしている。このため、その観客層は、性別を問わず幼児から老人までをとりこみ幅広い。

営業にあたって、出演は2人の学校の休みと放課後のみという学業絶対優先の制約を自ら設けたため、週末や公立学校の長期休業期間にスケジュールが集中している。このため、営業地域や公演時間が限定され、結果として話題性のスパンが長く、子供であるにもかかわらず集中したステージを効率的に提供してきたと言える。

掛け声は「てじなーにゃ!」。

プロフィール

兄:山上 佳之介(やまがみ よしのすけ、1994年8月11日 - )

好きな物:マジック、ヨーグルト、メロン、すもも、梅干、麦茶
愛称:よっち
将来の夢:マジシャン

弟:山上 暁之進(やまがみ あきのしん、1995年12月1日 - )

好きな物:電車、新幹線、お絵かき、ブロック遊び、ルイボス茶、スイカ、メロン
愛称:あっきー
将来の夢:芸能人野球チーム。しかし、その都度変わる。

山上兄弟は、2000年に兄の佳之介が北見伸の演出ステージの子役として6歳でデビュー。翌、2001年に弟の暁之進がケージマジックの仕掛けに入ったため、兄弟で出演するようになった。2001年、TX系列のテレビ出演を皮切りに海外局を含む様々なテレビジョンプログラムに出演。国内外のイベントやマジックの大会、出版メディアなど積極的に進出した。

2002年にはギネス・ワールド・レコーズ(通称「ギネスブック」)にて「世界最年少イリュージョニスト」の認定が受理された。また、初のリサイタルを開き、同年12月には日本奇術協会より特別賞を受賞。2003年にマジック協会国際連合の第22回オランダ大会でイリュージョン部門4位。日本クロースアップマジシャンズ協会JAPAN CUPでマジシャン・オブ・ザ・イヤー2005を受賞。

その後アメリカにも進出し、ラスベガスなどで演技した。

ステージで歌っている曲を収めたCD、子ども向けのマジックDVD、ハウツー本や写真集、カレンダーなどが発売されているほか、ガシャポンや食玩をはじめとしたマジック玩具の契約を持っている。 2005年末のNHK紅白歌合戦で応援マジックを披露するなどメディア媒体への進出成果が著しい。

山上兄弟」という芸名の由来は、出演したステージのインタビューに答え彼らが子供らしい様々な返答を繰り返していたため諸説あって不明だが、芸名決定会議のおり弟の暁之進が「僕たち山上兄弟は...」と発言をきりだしたことによるというのが最も有力な説。ステージ上では、兄の佳之介は「ヨッチー」または「ヨッチ」。弟の暁之進は「アッキー」または「アッキ」。二人そろって「ヨッチとアッキー」(ネット上の一部で「ヨチアキ」)という呼称が一般的。所属プロダクションでは、「テレやのよっち」「おちゃめなあっきー」という愛称をプレスリリースしている。
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント