まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページ簡単マジック タネ明かし予言されたコインのありか【簡単マジックタネ明かし】

簡単マジック タネ明かし

このマジックは、コインマジックというより、話術のマジックといえます。

【現象】
3つのコインがあり、2人の手と一つの袋に中に入れますが、それが、予言されているというマジック。初めて見る人には、かなり衝撃的なマジックです。

【用意する物】
紙、ペン、コイン3つ、袋

【準備すること】
紙にあらかじめ予言を書いておきます。
(例:1円はあなたが持っていて、5円は袋の中、そして私は10円を持っている)と書きます。準備OK

【演出方法】
テーブルの上にコインを3つと、予言の紙を置き、演者は『ここに紙を置きます。』といいます。注意:予言の紙。というとかえって警戒されます。
置いたら、『まず、好きなコインを一つ指差してください』と言います。
ここで、3通りありますが、1円、5円10円どれを選んでも予言どおりになります。例えば、1円を指差します。そうしたら『では、あなたが選んだ1円を持ってください』といいます。次は『いらないコインを一つ選んでください』と言います。そこで5円を選んだとしたら、『いならい5円は袋に入れて置きましょう』といいます。『残った10円はわたしが持ちます』と言えば完成です。『実は今怒った現象は予言されていました』と言って、予言の紙を相手に読んでもらいましょう。予言どおりになりましたね。
では、1番最初に相手が選んだコインが5円だったら・・・その時は『5円ですね。それでは、選んだ5円は使わないので袋に入れましょう。残りのコインで行います』といって、あたかも、自然な言い回しで、予言どおり5円を袋に入れます。
そうです。どのコインを選んでも予言どおりにこちらが操作するわけです。
『残った2つのコインのうち好きな方を指差してください』と言います。1円を選んだら『では、あなたが選んだ1円を持ってください』といいます。もし10円を選んだら『あなたが選んでくれた10円を私が持ちましょう。最後まで残った1円はあなたが持っててください』といえば、予言の完成です。
このマジックは、テクニックというより、言葉のテクニックが必要になります。
そして、何回も演じるとネタバレしてします可能性があります。
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. マジック業界 動く  [ 手品 マジック タネ明かしはだめよ??ん ]   2006年12月20日 00:53
先日の「貨幣損傷等取締法違反」の報道の仕方について問題があると指摘していましたが、このたびマジック業界がテレビ局を提訴するという方向で話が進んでいるようです。以下はMis call (ミス・コール)さんが運営しているブログからの抜粋です。注)Mis call (ミス・コール.....
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント