まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページマジック・手品界の出来事マジックのタネ明かしの事件

マジック・手品界の出来事

マジック・手品のタネ明かし問題に関する事件と現状

 現在では、手品の本や手品の道具を買うことによって誰でもマジックや
手品のタネを知ることができる。しかしながら手品は娯楽であり、奇術師が作り出す幻想の不思議さを楽しむものであり、トリックを見破ることが目的ではないことを忘れてはならない。また多くの手品は物理的なタネの上に、長時間の訓練があって成り立っているのである。タネあかしは奇術の世界では現在でも重大なタブーと見なされる。例えば、日本で一時話題になった「覆面マジシャン」の正体はバレンティーノというイタリア系プロマジシャンで、テレビで悪質なタネ明かしをしたためアメリカやブラジルのショービジネス界から追放された。日本でも、ある団体に所属する日本人マジシャンがテレビで重要なテクニックやタネを明かしたために世界的な問題に発展した。それ以前にも、ステージマジックを明かしたマジシャンが日本奇術協会から脱退させられるという事態が起きている。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント