まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページコインマジック タネ明かし代表的なコインマジックについて

コインマジック タネ明かし

代表的なコインマジック

古典的な名作や多くのバリエーションを生み出した傑作などを紹介します。

コインズ・アクロス
 片手から片手へコインが1枚ずつ移動するマジックの総称。4枚の銀貨を
 移動させるデビッド・ロスのウイングド・シルバーが有名。3枚のコイン
 で行うものはスリー・フライと呼ばれる。

シガー・スルー・コイン
 タバコがコインを貫通するマジック。

コイン・アセンブリー
 テーブルの上に4枚のコインを正方形(または長方形)に並べ、
 2枚または4枚のカードでコインを隠すのだが、コインは次々と
 一箇所に集まる。マトリックスと呼ばれることもある。

サン・アンド・ムーン
 アルバート・ゴッシュマンの作品。銅貨と銀貨の交換現象が
 2回連続で起こる。

スコッチ・アンド・ソーダ
 多くのバリエーションが存在するので標準的なものを紹介する。
 銀貨と銅貨を観客にそれぞれの手に握ってもらう。
 観客が銅貨だと思っているほうの手をあけてもらうと銀貨に変化して
 おり、もう片方の手を開けるとそこには全く別のコインが現れる。

マイザーズ・ドリーム
 サロンマジックまたはステージマジックとして行う演目で、空中から
 コインを次々に取り出し、手に持ったバケツの中に放りこんでいく。

スペルバウンド
 銀貨が銅貨に変わるなどの変化現象が何度も起こる。

コイン・スルー・テーブル
 コインがテーブルを上から下へ貫通するマジックの総称。
 4枚のコインを使い1枚ずつ貫通させていく場合が多い。
 ダイ・バーノン、アルバート・ゴッシュマン、ケン・ブルック、
 フランク・ガルシアなど多くのマジシャンが手順を考案している。
 日本人では松田道弘、高木重朗、二川滋夫など。複数枚のコインを
 一気に貫通させる場合もある。他にも透明なガラステーブルなどで
 1枚だけ貫通させるメルティング・ポイントもある。

★コインがなにかを貫通するマジックは以下のようにたくさんある。
 ・コインがハンカチを貫通(コイン・スルー・ハンカチーフ
 ・コインがグラスの底を貫通(コイン・スルー・グラス
 ・コインがコインの直径より小さな口のボトルの中に入る
 (コイン・イン・ザ・ボトル
 ・コインが底を貫通してボトルの中に入る(コイン・トゥ・ザ・ボトル
 ・グラスの上にコップを置きその上にさらにコインを置くが、
  コインがカードを貫通してコップに入る(コイン・スルー・カード
 ・コインが手のひらを3回貫通(トリプル・ペネトレーション

ワイルド・コイン
 カードマジックのワイルド・カードというマジックのコイン版。
 3枚程度の銀貨を1枚ずつ銅貨にかえてコップの中に入れていく。
 最後にコップの中を確認するとコインは全て銀貨に戻っている。
 アル・シュナイダー、デビット・ロスなどが方法を考案している。

ワンコインルーティン
 1枚のコインだけを用いて出現・移動・消失などの現象を
 何度か繰り返すルーティン。

シリンダー・アンド・コイン
 中にコインが入るサイズのシリンダー(筒)と4枚程度のコインを
 使う。手に持ったコインが消失し、テーブルの上のシリンダーの中
 から出現する。
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. マジック   2007年10月02日 00:55
4 コインマジックの中で、スコッチ&ソーダのマジックが一番好きです。(日本円の・・・汗)
あのマジックはいろいろと応用が利きますからかなり重宝しますね。
しかも完全なギミックなのに、お客さんは全くそんなふうには思わない・・・エクスパンディッドシェルもそうですが、考えた人は天才だと思います。



この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント