まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページマジシャン人物・タネ明かし初代・引田天功

マジシャン人物・タネ明かし

初代・引田天功

◆マジシャン人物タネ明かし

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

初代・引田天功(ひきた てんこう)(1934年7月3日 - 1979年12月31日) は、神奈川県横浜市生まれの奇術師、催眠術師。本名は疋田 功(ひきた いさお)。脱出王の異名を取った。日本大学工学部卒業。師匠は松旭斎天洋。

水中や爆発などの極限状態からの脱出マジックを得意としたマジシャン。1968年から1975年まで7回にわたって日本テレビの特番として放送された脱出イリュージョンは、高視聴率を記録し、日本中にブームを巻き起こした。1969年にはフジテレビ系のテレビドラマ「フラワーアクション009ノ1」にレギュラー出演もした。彼の死後プリンセス・テンコーで知られる二代目・引田天功が襲名した。

あまりに華麗な脱出劇を見せ続けていたからか、「引田天功は脱出マジックに失敗して命を落とした」(別説では「煙を吸い込んで、肺を痛めたため」)という都市伝説があるが、後述のように死因は病気によるものである。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント