まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページコインマジック タネ明かし脱出するコイン【コインマジック・現象】

コインマジック タネ明かし

脱出するコイン【コインマジック・現象】

この記事は、下記HPより引用させていただいております。
http://plaza.harmonix.ne.jp/~k-miwa/magic/biginner/escape.html

【現象】

準備としてハンカチを1枚と、適当な長さ(30センチくらい)の紐を1本、用意します。もし紐がなければ、輪ゴムでもかまいません。輪ゴムは、普通のサイズのもので大丈夫です。もし紐も輪ゴムもなければ使わなくてもできます。ハンカチも観客から借りた方がよいのですが、適当なものがない場合もありますから、ハンカチだけは用意しておいてください。普通の男物のハンカチであれば適当なものでかまいません。

観客から硬貨を1枚借ります。10円玉でも500円玉でもかまいません。

借りたら硬貨を左手の指先、親指、人差し指、中指の3本で持ち、観客によく示します。コインを持ったまま、左手の上にハンカチを掛けます。数名の観客に、ハンカチの中に手を入れてもらい、コインが確かに指先にあることを確認してもらいます。次に観客の一人にハンカチの上から手首を紐で縛ってもらいます。これで左手はハンカチで包まれ、しかも手首のところで縛られていますから、コインを取り出すことは不可能です。この状態で、マジシャンは左手におまじないをかけ、中のコインを消すと宣言します。

観客の一人に手首を縛ってあった紐をほどいてもらい、ハンカチも取り除いていもらいます。マジシャンが左手を開くと、コインはどこにもありません。完全に消えています。ハンカチも調べてもらってかまいません。

フーディニーはここで終わっていました。本当は消したものは出さないほうがよいのですが、今と逆のことをやればコインを手の中に出現させることもできます。

このマジックのタネ明かしの解説
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント