まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページマジシャン人物・タネ明かしふじいあきら

マジシャン人物・タネ明かし

マジック手品タネ明かし【ふじいあきら

◆マジシャン人物タネ明かし

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

ふじいあきら(1967年3月4日 - )は、広島県広島市安佐南区出身のクロースアップ・プロマジシャン。本名、藤井明。広陵高等学校卒業。広陵高校出身の野球選手 アニキこと金本知憲の1学年先輩である。マセキ芸能社所属。ちなみに結婚している(チューボーですよ!より)。

広陵高卒業後、広島では有名な専門学校、上野学園・広島電子専門学校に通う。奥田民生は同学校中退。21歳の時上京しプログラマとして5年間サラリーマン生活を送る。しかしTVのMr.マリックの超魔術ショー、特に貨幣貫通のマジックに大きな衝撃を受け、少年時代のマジック熱が再燃。プロのマジシャンになりたい、という思いが募り、独学で1日中マジックを練習。深夜までスナックやバーでマジックを披露。会社では居眠り、遅刻を繰り返し次第に本業が手に付かなくなって脱サラ。クラブマジシャンを経て尊敬するMr.マリックの事務所に、2001年までアシスタントとして雇われる。当時の芸名は「元神」。しかし下積みの愚痴を周りに漏らし、師匠に伝わる事を恐れ逃げ出す。その後本名の「ふじいあきら」に芸名を変更、更に独力で修行を積む。2006年1月に、番組内で師匠であるマリックと競演(マジック対決)を果たし、和解。

フジテレビ「爆笑おすピー問題」に出演し注目を浴びる。ウルトラマンの人形を空中へ浮かせたり、口から滝のようにトランプを出す、風船飲みなど、インパクトの強いマジックで、2004年のマジックブームの一端を担った。 第9回厚川昌夫賞など受賞歴もあるほどの高いテクニックを持つが、独特の飄々としたキャラクターのギャップも特徴のひとつ。最近ではその風貌から『お笑い芸人』に分類されているが、本人の望んでいる環境かどうかは不明である。

同じ事務所に所属するマギー審司と、コンビで芸を披露することもある。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント