まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページマジシャン人物・タネ明かしマギー司郎

マジシャン人物・タネ明かし

マジック手品タネ明かし【マギー司郎

◆マジシャン人物明かし

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

マギー司郎(マギー しろう、本名:野澤司郎、1946年3月17日 - )は、茨城県下館市(現 筑西市)出身のタレント、手品師である。弟子はマギー隆司、マギー審司など多数。日本奇術協会相談役。オフィス樹木所属。

得意なマジックは、「縦ジマのハンカチを横ジマにすること」、「麦茶をウーロン茶にすること」である。

メガネにヒゲ、飄々としてとぼけた茨城訛りのトークで観客を煙に巻く。 このトークは、かつてストリップショーの前座を任されていた頃、手品だけでは時間が余るため始めたという。

手品は、素朴な小道具を使う。CMでも師弟での共演を果たしている。

1968年にマギー信沢に弟子入り。師匠は「正統派」マジシャンであり、本人も一時期スライハンドマジックを演じていたことがある。

主に「縦ジマのハンカチを横ジマにするマジック」からスタートする。また、「板橋(鉾田町などの場合も多い)に○○って飲み屋があるの知ってる?そこに週5回通う、常連の○○って人知ってる?その人が大好きなマジック今からやるから」などの小話を挟む。しかし、終盤には必ず高度なマジックを見せており、マジシャンとしての技能は相当なことがうかがい知れる。

余談だが、司郎は神奈川県のある会場で普通の紙を1万円札に変えるマジックを行った時、「偽札を製造した疑い」で警察の事情聴取を受けたというエピソードがあり、トリビアの泉で容疑者室井慎次風の再現VTRまで作られた。

なぜか複数のアパートの部屋を借りており、事情や場所に応じてそのうちの一つに泊まるという生活を送っている。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント