まじっくのたねあかし”おまけつき”ver4
人を好きにさせる!催眠術師 超養成動画マニュアル

トップページマジシャン人物・タネ明かし前田知洋

マジシャン人物・タネ明かし

マジック手品タネ明かし【前田知洋

◆マジシャン人物タネ明かし

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

前田知洋(まえだ ともひろ、1965年11月10日 - )は東京都品川区生まれのプロマジシャン。東京電機大学工学部情報通信工学科卒。日本奇術協会クロースアップ委員長。

ステージとは違い身近で観せるクロースアップ・マジックの第一人者。また、パーラー・マジック(サロン・マジック) もこなす。「日本で最初のクロースアップ・プロマジシャン」とも。 オリジナリティのある演出への評価は高く、海外でも知られる。スタイリッシュな演技と安定したテクニックで演じられるマジックは、前田知洋自身の個性と相まって非常に知的で上品な楽しさと言う印象を与える。国内外での受賞歴は多い。

1988年、大学卒業後に留学していたアメリカ・ロサンゼルスで、アカデミィ・オブ・マジカルアーツのオーディションに合格。世界的に有名なマジック専門会員制クラブ「マジックキャッスル MAGIC CASTLE」に日本人最年少で出演。 帰国後は、当時東洋最大規模を誇ったレストラン「タイクーン」にて2000万円の専属マジシャン契約を結ぶ。 その後「マジック界のオリンピック」とも言われる、FISMの1994年横浜大会ゲストや1997年ドレスデン大会へ出演。また、優れたマジシャンへ贈られる厚川昌男賞(泡坂妻夫)を受賞する。

2002年には国内のマジック愛好家の投票で「その年最も活躍したマジシャン」に贈られる第一回マジシャン・オブ・ザ・イヤー(ジャパン・カップ)を受賞した。 翌2003年はアメリカの歴史あるマジック専門雑誌『GENII』の表紙や特集を組まれるなど、世界的な知名度は高い。 2005年には、再びジャパン・カップのベスト・クロースアップ・マジシャン賞を受賞した。

近年はTVへの出演が多くなり、2004年には『スーパーテレビ特別版』『ザ!世界仰天ニュース』(ともに日本テレビ)などへ出演し高視聴率をマーク。2003年から2004年の「マジックブーム」に火をつけた人物の一人。

2004年に、世界最大のアメリカのトランプメーカーU.Sプレイング・カード社によって、専用のトランプ「Tomohiro Maeda MODEL TALLY-HO GOLD FRAME」が製造、供給される。マジシャンのために既存のデザイン変更が行われるのはマジック界では異例。

基本的に初めてマジックを見せる相手には、新しいトランプを使う。理由は、トランプを並べた際に順番がキレイに揃っている為、イカサマでは無い事を相手に見せるからである。

「前田知洋さんのすごさ」の記事へ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【ご案内・運営ポリシー表記】
●運営ポリシー●
マジック、手品のタネを明かすことは、マジックを人に感動を与えるエンターテイメントとしてとらえたとき、多くの人にとって負の要素が多いように思います。しかしながら、マジックを見る立場ではなく、その感動を人に与えようとする立場の人にとっては有益なものとなる思っています。
不思議なことに対して感動を失わずにずっと夢を持ち続けられる方に対してのみ、マジックや手品のタネや面白さを紹介していければよいかなと思っています。
マジック手品 情報
マジック手品 最新コメント